たくさんコミュニケーションを取らせる

この記事をシェアする

上手く会話を繋げるコツを教える

新入社員の中には、人とコミュニケーションを取るのが苦手な人がいると思います。
それも個性ですが、全く人と関われないのは困ります。
仕事を進める時は。仲間とコミュニケーションを取りながら取り組むと教えましょう。
ですがそれだけ言われても、何を改善すれば良いのか分かりません、
具体的に、人見知りを治す方法を教えましょう、

人と会話をする時は、まずあいさつから始めます。
あいさつされて、嫌な気分になる人はいないでしょう。
それだけで、自分の印象が良くなります。
そして天気や趣味の話など、何気ない話か合会話を始めるのが良い方法です。
すると誰とでも仲良く話せるので、人見知りの改善に繋がります。
新入社員にレクチャーしてください。

プレゼンテーション能力も高めよう

人見知りをしていると、意見を上手く相手に伝えられません。
損するかもしれないので、人見知りは改善した方が良いです。
意見があったら、何でも言うことが重要だと、新入社員に伝えましょう。
新入社員は、斬新なアイデアを持っていることが多いです。
ですからベテランの社員が考え付かなかった、良い意見を言ってくれるかもしれません。

意見を言った時にすぐ否定したり、バカにするような態度を取ると新入社員のプレゼンテーション能力が低下します。
どんな意見でも、前向きに受け入れてください。
新入社員を教育することが重要ですが、教育する側も気を付けなければいけない部分があります。
注意しないと、新入社員のやる気が無くなってしまいます。